田崎設備の局所排気の施工事例

千葉県成田市で化学薬品の開発を含めた製造業を営むお客様より、以下のご依頼がありました。 局所排気装置はあるが、製品(塗料関係)の素材となる粉じんを秤量する際に粉じんが巻き上がってしまう。 作業場周辺に飛散して作業性が悪く・・・

詳しくみる

田崎設備の防爆エアコンの施工事例

施工後 全体写真

岐阜県で製造業を営むお客様より、以下のご依頼がありました。 危険物倉庫の新築に伴い、空調設備を導入したい。 また、極力価格を抑えたいので何か良い方法はないだろうか。 課題解決の提案 倉庫周辺に当初は予定していなかった下屋・・・

詳しくみる

田崎設備の危険物倉庫エアコンの施工事例

大阪府にある航空業のお客様から、温度管理が必要な油脂・塗料が増えたため塗料庫を温度管理したいとご依頼がありました。 お客様のご要望は以下の4点です。 ①庫内温度は30℃以下に保ちたい ②庫内温度による制御 ③庫内温度を常・・・

詳しくみる

田崎設備のメンテナンス

ものづくりのお客様の一番の困りごと・・それは故障!故障をできるだけ回避すること、起きてしまったときは迅速に、正確に修理メンテナンスを完結することそれが私たち田崎設備に課せられた使命だと思っています。いつでも修理できるよう、技術部全員が冷凍空調の仕組みを学び、取り扱い機器を絞ることで、部品の共有化をはかるようにしています。

詳しくみる

田崎設備の冷凍機

冷却や冷暖房、除湿のあらゆる場面で活躍する冷凍機。 設計施工から修理点検まで一貫してすばやく対応しています。 冷凍冷蔵倉庫、冷水を作るチラー、急速冷却凍結装置などの安定運用に地元の弊社をご活用ください。 使用目的、温度帯、規模の大小などにより、冷媒ガスが決まり、選定する冷凍機が決定します。 一般的には、スクロール圧縮機を用いた冷凍機が主流となっております。

詳しくみる

冷凍機の施工事例

群馬県で畜産業を営むお客様より、冷凍機入替工事のご依頼

群馬県で畜産業を営むお客様より、冷凍機入替工事のご依頼

群馬県で畜産業を営むお客様より、以下のご相談がありました。 ・最近、数十年使っているプレハブ冷凍保管庫の調子が悪く-10℃~-15℃までしか冷えなくなってきている。 プレハブパネルの接合部の目地も割れ、パネルも歪み結露凍・・・

詳しくみる
冷凍機の施工事例

栃木県食品製造業のお客様より、補助金活用での冷凍機交換のご依頼

栃木県食品製造業のお客様より、補助金活用での冷凍機交換のご依頼

栃木県で食品製造業を営むお客様より、以下のご相談がありました。 ・使用している冷凍機器の老朽化が気になっており、更新を考えている。 ・冷凍機器の冷媒は2019年に生産終了になったR22を使用しているため、万が一故障した際・・・

詳しくみる

除湿機は除湿の仕方(しくみ)によって、大きく2種類に分類されます。 ①再熱除湿方式 冷凍サイクル(ヒートポンプ)を利用した除湿機で、さらに再熱専用機と冷却機能付機に分かれます。コントロールできる空気のエリアは5℃以上、40%以上となります。 ②デシカント除湿方式 シリカゲルローターで水分を吸着し、加熱をすることで水分を外部に放出する除湿機で、低温(5℃以下)や40%以下の除湿にも使用できます。再熱除湿方式に比べ、高額になります。

詳しくみる

栃木県

栃木県佐野市の日本酒製造業のお客様より除湿空調設備のご相談

栃木県佐野市の日本酒製造業のお客様より除湿空調設備のご相談

栃木県佐野市にある日本酒製造業のお客様より、以下のご相談がありました。 ・日本酒製造の作業工程の中に搾り工程があり、伝統的な木造の古い建物にある搾り機で作業を行っているがカビが発生しやすく困っている。  搾り機の周りに天・・・

詳しくみる
栃木県

栃木県 食品包装業を営むお客様より除湿器のご相談

栃木県 食品包装業を営むお客様より除湿器のご相談

栃木県で食品包装業を営むお客様より、以下のご相談がありました。 ・食品を粉体に加工・包装する工場で除湿器を使用している。 空気中に浮遊している微細な粉体を吸い込むと除湿器内で黒いゴミのような形状に固まり、フィルターを通過・・・

詳しくみる

局所排気関連記事

特定化学物質障害予防規則(特化則)について

特定化学物質障害予防規則(特化則)について

特定化学物質障害予防規則(特化則)とはどういうものかについて解説します。 (目次) 1. 概要 2. 特定化学物質の分類 3. 特定化学物質 一覧 4. 最近の追加物質について 5.(補足)労働安全衛生法とは 6.お困り・・・

詳しくみる
局所排気関連記事

局所排気装置自主点検

局所排気装置自主点検

局所排気装置は職場の環境を改善し業務従事者の生命と安全を守るためのものだけに、 保守点検は法令で義務付けられています。 具体的に検査項目や検査方法、判断基準等についても指示されており、結果については点検記録表に記載、対象・・・

詳しくみる

有機溶剤関連記事

有機溶剤と特定化学物質(特化物)の違い

有機溶剤と特定化学物質(特化物)の違い

有機溶剤とは、物質を溶かす性質をもつ常温で液体の有機化合物を言い、蒸発しやすく脂肪を溶かすことから誤った取り扱いをすると皮膚や呼吸器を通して体内に吸収され急性中毒などの健康障害を発生させる物質をいいます。 有機溶剤中毒予・・・

詳しくみる
有機溶剤関連記事

危険物として取り扱う有機溶剤について

危険物として取り扱う有機溶剤について

有機溶剤や特化物の中には、消防法にて「危険物」として規定されている物質があります。 第4類危険物のうち第1石油類のガソリンやトルエン、エチルメチルケトン、アルコール類のメタノールやエタノールが該当します。 (参考:厚生労・・・

詳しくみる
-->

ページの先頭へ